イラスト:大晦日くらいは仲良く、ね★


おなじみ『おいでよ!魔法塾』より。
2017年描き納めでした!Twitterでキャラ指定いただいて描きました☺

今年はリアル日常でも色んなことがあったので、更新自体はあんまり多めじゃなかった…ような気がしていますが、それでもコンスタントに更新できたのでよかったな~と思っております!
なんとか、滑り込みセーフ?で、漫画の更新もできました(笑)
今年の抱負が『もうちょっと漫画描く』みたいな感じだった気がするので…😓

来年は~~そうだなぁ、
『まだ本編漫画のない作品は本編漫画スタートする!』
『“でっかなる”始動させる!』
とかそんな抱負にしようかなと思ってます(また言うだけ詐欺になる可能性が…)
来年も変わらず自キャラ達を愛で(?)ながら、のんびり更新していけたら良いな~と思っております!

2017年も大変おせわになりました。次は2018年の記事でお会いしましょう~!!

漫画:『ワケありクエスト』更新!

ひっっっっっっっっっっっっさしぶりの漫画更新です!!!!😭😭😭
うおおおおおおおお!!!!!!た、達成感がヤバイ…!!!
2ページだけど…(笑)

そんなわけで(?)ガイ達の冒険の一コマをお楽しみください!
今回の見所は、やっぱりハンサムなハートフルと、意外に自分の外見を気にしているガイだったりします。

ちなみに、Twitterにて本当にガイへの励ましのリプライが4通くらい来て、嬉しかったです(笑)

✏️萌えカップリング傾向考察💘

自分はこういうカップリングに萌えるんだ!!というのを書き出してみました。
男女カップリング前提。創作・版権ごちゃ混ぜで語ります!


【①やっかいな男に想われて、うんざりやれやれ…なヒロイン】
ハジャまり はい笑って~! とある日の図書室で
zumi’の永遠のテーマともいえるでしょう。(笑)
〝ちょっと困ったちゃんな美少女に押しかけ女房される萌えアニメ″の逆バージョンかもしれないな~と思ってます。ハジャも会長もヒルヤックも性別逆転して萌え美少女化したら許されそうじゃないですか??(笑)だがしかし想う方は武骨な野郎であり、被害をこうむるのはヒロイン。そんな男女が何よりも好きです。
ヒロインが相手を過剰に嫌がるのも好きですが、「キライじゃないけど困るんだよな~」程度のどっちつかずの対応も良いです。


【②男女で対等ライバル関係】
「ウホマホの塾生をとったってサ そりゃもう大騒ぎ 仁義を欠いちゃ いられやしないよ」 かじょキュー! 
これも!!!好きです!!!!!(力説)
性差が勝敗を左右しないような戦い(頭脳・魔法バトル・芸術センス等々)において、男女が対等なライバル関係なのが好きです!
少年ジャンプの主人公とライバルの間柄(遊戯と海馬、ヒカルと塔矢アキラ、ぬ~べ~と玉藻とか…)の主人公側を女キャラにしたようなイメージです。
男側は主人公との勝敗に固執したり、イヤミをわざわざ言ってきたりするようなタイプがいいですね。(初代ポケモンのグリーンはまさに理想形) 次第にその執着心が、ライバル感情からなのか、それとも対異性の……なのか、分からなくなってくるようなシチュエーションが大好きです!!!
①と併発したりもします。


【③女神・聖母的カリスマ女子と、その存在に心揺れる青年】
   
これは創作ではあまり描けてませんが、版権では真っ先にハマるタイプのCPですね。大好きです。
女神・聖母・美魔女的なカリスマ性を持つ〝優しいんだけど謎が多そう″な美女と、そんな美女のオーラにあてられて戸惑う真っ当な感性を持つ青年(年下でも可)の、男女の仲になり得るんだか、なり得ないんだか、微妙な関係性のまま近い距離にいる感じが好きです。
女キャラが既婚者とかでも良いです(笑)
最近は、ポケモンのルザミーネ&グズマがこれにドンピシャに当てはまるのに気づいてメチャクチャ気になってます。(笑)原作未プレイなのでそっと見る専するのみですが。


【④ツンデレタカビー娘と、まるで気にしてないマイペース男】
戦略的撤退  
これも大好きですね……っ!!!!!(つらみ)
「あ、あんたみたいな男とこの私がデートしてあげてるのよ!感謝しなさいよねっ!!///」
「ふーん。あっそ…。あ~眠いなあ…。帰っていい?」
みたいな、ボケボケ男に塩対応されるツンデレ娘のCPに萌えます!!
男側は照れてるんじゃなくて、本当にツンデレ娘に興味ないやつ(笑)不憫なツンデレがかわいそかわいくて仕方がない…!!


【⑤柔和そうだけど狂っている兄、兄を見捨てられない妹、共に堕ちる禁断関係】
同じ顔  
 
急にここだけテーマが重いんですが。(笑)
いやむしろ、これを語るためにこの記事を書いたと言っても過言ではないくらい好きなCP。
兄⇒マジメ系、妹⇒ギャル系の兄妹が三度の飯より好きなzumi’ですが、その兄の方の精神がアレな感じになってしまい、ギャル妹はギャルらしく強がっていてもまだ一人で生きていく力はないし兄を捨てるわけにもいかず、お互いに何処にも行けず、兄は妹だけを求め、ただただ二人だけの関係に堕ちていってしまうというのがメチャクチャ好きです。
ここから気持ち悪いこだわり解説。
「お前は妹なのに…女性として魅力的すぎる…もう妹としてなんて見れないよ…!」というのは違うんです(このタイプが好きな人ごめんなさい)。
「お前はずっとずっと僕の大切な妹だよ。妹として見ているんだよ。だからお互いですべてを満たしたいんだ。お前の兄にも、父にも、恋人にもなってあげるよ。ほら、そうすれば二人だけしか必要ないだろう?」
これです!!
これが好きなんです!!
兄妹から恋人に…ではなくて、兄妹だからこそ妹だからこそセクロスしよう!!!という狂気じみた兄の愛情にヒイイイイ!ってなりながら萌えたいんです。そしてそれに抗えない妹がまさかのギャル系っていうギャップがたまらん。好き…。
ちなみにこのCPを自家発電しようとして『手癖兄妹』企画を水面下で進めるつもりだったのですが、全然進んでなくて悲しい。自分のせいだけど。


他にも『師匠的存在に憧れを抱くヒロイン』とか『天然スマイル女子&仏頂面イヤミ男子』とか語ろうとすると色々あるのですが、とりあえず主要なところを語ることができてスッキリしたので、ここらへんで!

イラスト:憎さ余って可愛さ100倍💗

『たぶん小学5年生!!』より、真理奈とマドンナです。
マドンナは百合っ娘で、スージーにLoveなストーカーちゃんなんですけど、
スージーと仲の良い真理奈に嫉妬するうちに真理奈のことも好きになっちゃった!的なキャラ。
ライバル関係の女の子コンビの、絶妙な間柄が好きです💘💘💘

絵についてのあれこれ🎨🖌️

絵に対して自分が考えてることを、思いつくままに書き連ねてみました。

■画力はそこまでほしくない
初っ端から負け惜しみじゃないですよ!!(笑)
『上達したい』という気持ちが薄いです。
昔の絵を見るとヘタクソだなって思うけど、あの時も『上達したい』とは思ってなかったなぁ。
とりあえず好きなキャラとかCPを描きたくて描きまくってたらビミョーに画力も上がりました。
努力する心や向上心が低く自分に甘いので、とりあえず今あるもので満足する😋
あと上手過ぎない絵っていかにも同人っぽくて好き!みたいな思いもあります。自分の画力ちょうどよくね?って思ってる。B級臭。
人の絵を見る時も、画力より絵柄がきになります。

■アイデアの枯渇が怖い
アイデアの…アイデアの枯渇が怖いのです………。一枚絵の。
数ページ漫画ならネタはいつでも頭の中にあるのですが、一枚絵のネタってそうもいかず。
全体のデザインとかパッと閃くことが少なくなってきたりすると怖くなります。
なのでいつもラフに挑戦し、結果ラフや放置線画だらけになるのです…。(漫画はいつでもネタが出てくる自信があるのでいつも後回し)
ちょっと強迫観念じみてるなと自分でも思ってます。
ちなみにポーズ集とか買い込むの大好きなのですが、「コレに頼りすぎると自分でアイディアを出す力が薄れてくるのではないだろうか…?」という恐怖からあまり使えていません。💧

■自分の絵が好き
自分の絵は好きです!😊💘
ただ元々の自分の絵が好きだったというよりは、好きになれるように色んな要素をとっかえひっかえしてきたので、まぁ好きなのは当然の結果なんじゃなかろうか、、という感じです!
ちなみに、好きな絵柄にだいたい改造できたあたりで定着したので、8~9年間ほどは絵柄はほとんど変わってないのではないかと思います。
「昔の絵柄と変わっていなくて安心した!」とか言われるととても嬉しいです☺

■描き分けたい場合とそうじゃない場合がある
基本、描き分けには結構こだわりがありまして(特に男キャラ)、
「どのキャラも同じ顔に見える」とか言われないように頑張っているんですが、
タレ目がちの王道美少女キャラは、「常に同じ顔が描けるように」と思って、はんこ絵を目指して描いてます。
ウーニャ・銀河・コモモ・ゆずま辺りの顔。このキャラ達の顔は自分の中のいわば“様式美”であり、zumiと言えばこの顔のヒロイン!って言われたかったりするので、描き分ける必要がないというか。。。とにかく、この顔の女の子を描くのが好きです。

■塗りについて
自分の塗り方は例によって、好きです。
しかし作業自体は、単純作業の繰り返しなので、実はかなりニガテです😰
特に髪のハイライトを入れてる時とか発狂しそうになります。
でも完成すると毎度「今回の塗り、いいわ~!!😍」って思うのです。

★ずみキャラ語り 第5回『ガイ』★

……
第5回は…『ワケありクエスト』より『ガイ』です。

≪プロフィール詳細≫
フルネーム:ガイ(苗字の設定なし)
性別:男
年齢:18歳
家族構成:不明
交友関係:ウーニャ、ハートフル(パーティーメンバー)、雪秀(創造主?)
一人称:オレ
二人称:○○(呼び捨て)、お前、あんた 等

説明:
ゲームの主人公。勇者。
根暗で感情がとぼしく、覇気の感じられない主人公。趣味はオ●ニー。
ヒロインのウーニャに毛嫌いされているが、
ガイもウーニャの事はおっぱいとパンチラくらいしか興味がない。
雪秀の事は気に入っているが、彼がこの世界を造ったという事は半信半疑のようだ。

  • 原型は、zumi’が小学生の頃に書いていたファンタジー小説に出てくるキャラクターでした。(その時の名前はゴウ。ウーニャもいました。)
    身体に包帯を巻いている呪われた剣士というキャラで、ガイも最初はその設定を引き継ごうと思ったのですが、色々とリメイクしていった結果、現在のガイになりました。あ、以前はもちろんオ●ニストとかいう設定はなかったですよ(笑)
    また、ゴウ時代の設定(右半身が呪われていた)の名残から、実は左利きです。
  • なぜ『根暗でオ●ニスト』とかいうとんでもない設定にしたのか、もはや覚えていません(笑)
    あまりきちんと語っていないところなのですが、
    「ガイ達は本来、シリアスで真っ当な設定のゲームキャラ達だったのだが、雪秀という異分子がゲーム内に入り込んだ結果、ビミョーな歪みが発生してしまい、ヘンな奴らになってしまっていた」

    というような理由があったりします。
    なので雪秀は、「僕の作ったキャラはこんな変人集団じゃない!」となっているわけです。
  • そんなイロモノキャラなガイですが、勇者としては割とマトモです。(全然描写できてないですが)
    正義感は強く、モンスターに襲われている村人等を無視することはないです。活気はありませんが、怠惰ではなく、世界を救わねばという責任感もあります。フツーに仲間思いだし。何度も言うけどオ●ニーとワキガを除けばマトモなヤツ、それがガイです。
    「正義は勝つ。」「世界の平和は俺が守る。」
    とかベッタベタな勇者台詞を言わせてみたいなーと思ってます。(笑)
  • いつからか、オ●ニーだけではなくワキガであるという設定も付いてしまいました。

    ウーニャは臭がってそうだけど、ハートフルは大して気にしてなさそうだなと思います(笑)
  • モチーフはその名の通り骸骨です。鎧の肩当ては骸骨の顔のような、胸のあたりは肋骨のようなデザインを意識したつもりです。
  • ウーニャとの恋仲については、ウーニャの方はかなり意識している感があるのですが、ガイの方はというと『いちパーティーメンバー』として見ている部分がまだまだ大きいよう。多分、旅をしている中で、助け合ったり接近したりしているうちに、彼なりに意識してくるのでしょう…多分(二度目)。
  • 作者的には、少し人相が悪いだけで、zumi’オリジナル内の相手男子キャラの中では割とハンサムな方だと思っているのですがどうでしょうか?(笑) まぁ、比較対象がハジャやら会長やらヒルヤックなんですけど…。

というわけで、第5回目はガイでした!

*他のキャラ語りは、右側のカテゴリー「オリジナル – ずみキャラ語り」からどうぞ*

イラスト:リプきたキャラの顔だけ描く😃

ぷらね&ドヤスター! 

Twitterでキャラ指定してもらって描きました~!😆🙌
『すっごいアクセサリー』ぷらね、『異能力☆生徒会』ゆずまです。
剛毛だと、ショートカットにした時の朝のハネ具合が絶望的ですよね…(笑)

 

 

それから!なんと版権キャラも指定してもらいました😳
『アイドルマスターシンデレラガールズ』横山千佳ちゃん、
『物語シリーズ』斧乃木余接ちゃんです。
可愛いロリキャラ描けて&版権新鮮で楽しかったです。実は物語シリーズは微妙に知っているので、斧乃木ちゃんは初描きではなかったりします。。。