『使い魔さん、もとい…』(ラフ)

使い魔さんのキャラ紹介も描き終わらぬうちに、一枚絵が描きたい欲が抑えられずにラフ。
いろいろゴチャゴチャ入れ過ぎかしら。
2つの姿と、作品ごとの世界観の違いみたいなのも表現したくて…うーむ。
黄色い布は、髪のリボンなイメージ。

久しぶりにヒルヤックを真剣に描くとメチャクチャ楽しいです。顔面とか髪とかコートとか派手なディティールが多いんだなあ。
自分の中で最高傑作と言ってもよいキャラだと思ってるので、ヘビ姿だとしても「すーぷな」に出せるのも嬉しいです。よく思いついた自分…エラい!(熱い自画自賛)

ただ、ヒルヤックというキャラの人となりというか生き様は、「すーぷな」世界には迎合しないよな〜と思う。
「すーぷな」って狂人は多くても(笑)みんな手を取り合ってるというか、メルヘンワールド的というか、各々に「この世界の住民」意識がどことなくありそうなのに対し、
「魔法塾」ってそういうの無い(より現代的な世界観)なので。
ヒルヤックから見たら、すーぷな世界は、薄ら寒いお遊戯会のように見えるかもしれんなぁと思う。
でもいつの間にか可愛いヘビの姿でお遊戯会に馴染んでいる自分に気づいて葛藤するんだろうなあ…そういう男だ。(笑)

…という、「すーぷな」しか知らない方には何のこっちゃな語り。(すみません)

7