★ずみキャラ語り 第2回『ハジャ』★

……
第2回は…『たぶん小学5年生!!』より『ハジャ』です。

illust01 haja01 rakugaki1

≪プロフィール詳細≫
フルネーム:ハジャ=マハ・ラ・ジャ
性別:男
年齢:小学5年生(11歳)
家族構成:父、母、弟(マジャ)
交友関係:真理奈(想い人)、スージー(犬猿の仲)、果林(割とどうでもいい)、ラビィ(教育係)
一人称:オレ
二人称:お主/○○(呼び捨て)

説明:真理奈のクラスメート。11歳。たくましい筋肉と褐色肌が特徴のナイスガイ。どっかの国のえらい人。真理奈に熱烈ラブだが想いはいつも空回り。学力はかなり残念。

  • 真理奈とほぼ同時に作ったキャラクター。
    どういう思いで作ったかあまり覚えてないんですが、とりあえず変な男キャラが作りたかったんだと思います。あと、その時期はガチムチ大好きでした。
    迷惑なほどにヒロインに求婚する貴族系キャラという所では、ぷよぷよのサタン様にかなり影響されている気がします(その時はぷよぷよ(版権ジャンル)にどっぷりだったので…)。
  • 名前の由来は、『ハジャ』『マジャ』で『マハラジャ』
    マハラジャから二人を連想したのか、ハジャからマハラジャを連想してマジャを後付けしたのかはよく覚えてないです(ハジャに関しての記憶が薄い(笑))。
    『ラ』が足りないなーと思い、教育係のキャラは『ラビィ』に。
  • なぜ真理奈にゾッコン(死語)なのか??という点ですが、
    実はわりとちゃんとした理由を考えていたりします。
    ハジャは4年生の時に、王子としての修行のため、日本の小学校に留学生として転校してくるのですが、最初は「このオレに対して何とぶっきらぼうな態度の女子なのだ!」みたいな感じで、真理奈に対する印象は悪かったのです。
    しかしある時、ハジャが大事なペンダントを失くしてしまい、それを埃まみれになるまで探して見つけ出してくれたのが真理奈だった。その日からハジャは真理奈に首ったけ!
    というよーなエピソードが一応あったり…。後付けですが(笑)
    いつか漫画にできたらいいな!
  • スージーとは犬猿の仲にも関わらず、クラスでズバ抜けて身長が高いのがこの2人のため、体育の準備体操や水泳のバディ等は、ハジャ&スージーで組まざるを得ないという(どうでもいい)設定があったりします。
  • 紹介文では「どっかの国のえらい人」というざっくりとした設定ですが、詳しくは『マハ・ラ・ジャ帝国』という国の王子様だったりします。母国に帰ると、マジャと合わせて国民からの人気者だとか…日本では全くモテないけど。
    ちなみに、ハジャの顔面偏差値は中の上(フツメンにしては割とかっこいいレベル)をイメージしてます。

 

というわけで、第2回目はハジャでした!

*他のキャラ語りは、右側のカテゴリー「オリジナル – ずみキャラ語り」からどうぞ*

0